環境への取り組み

HOME > 環境・安全衛生 > 環境への取り組み

日本一の清流「荒川」との共生

福島キヤノンは日本一の清流である「荒川」のすぐ近くに位置しています。荒川は水質汚濁防止法よりも厳しい福島県条例により基準が設けられています。福島キヤノンはこの清流を未来永劫守っていくため、設立当初より生産にともない発生する排水を排水処理設備にて適切に浄化し、また50項目にも及ぶ測定監視を行うなど清流を守る取り組みを積極的に進めています。

環境保証基本方針

すべての企業活動において環境と経済の一致をめざし(EQCD思想)、資源生産性の革新的な改善により、“クリーンな製品”を提供するとともに、人の健康と安全、そして自然環境を脅かす反社会的行為を排除する。


Environment(環境保証) 環境保証ができなければ作る資格が無い
Quality(品質) 品質が良くなければ売る資格が無い
Cost(コスト)
Delivery(納期)
コスト、納期が達成できなければ競争する資格が無い

荒川の近くに位置する福島キヤノン 荒川上流
荒川の近くに位置する福島キヤノン   荒川上流

グリーン調達

福島キヤノンは、キヤノングループの一員として、「共生」の理念のもと、地球環境保全活動を進めており、その一環としてグリーン調達に取り組んでいます。
このグリーン調達は、商品の仕入れ段階から環境対応に着目し、環境負荷の少ない製品・サービスを優先して調達します。
こうした活動が、持続可能な経済の発展と地球環境の調和に貢献し、企業の果たすべき重要な課題であると認識して積極的に取り組んでまいります。

グリーン調達

ページ先頭へ

ISO14001認証

福島キヤノンではISO14001認証を取得し環境の継続的改善を積極的に進めています。
国際標準化機構(ISO)によって制定された環境マネジメントに関する国際規格ISO14001認証を取得しています。企業活動、製品およびサービスが直接的または間接的に与える環境負荷や環境リスクを低減し、発生を予防し、環境パフォーマンスを向上する仕組みを継続的に改善する、環境マネジメントシステムが求められています。
福島キヤノンはキヤノングループの一員として環境管理システムのグループ統合認証を取得しています。

※BS7750認証取得(1995年)、ISO14001認証取得(切換え1998年)、ISO14001統合認証取得(2005年)

 ISO 14001認証

カテゴリーメニュー