ごあいさつ

HOME > 会社情報 > ごあいさつ

福島キヤノンはグループの成長を支えながら地域の優良企業としてさらなる発展を目指します

福島キヤノン

福島キヤノンは、1969年に「カメラのキヤノン」を確固たるものとするため、国内最大のカメラ工場をめざして設立されました。以降、円高などの幾多の環境変化を、事務機をはじめとする事業の多角化、高収益構造体質への革新で乗り切り、今日、キヤノングループの一翼を担うまでに成長いたしました。
2003年には、インクジェット事業のマザー工場として「福島キヤノン株式会社」として再出発し、いまやキヤノングループの中核として海外を含めたグループ関係会社への支援と連携を図り、新たな歴史のページ作りに踏み出しております。
この福島の地で約40年。地域のみなさまから愛される企業をめざし、地域との融和と貢献に努めてまいりました。今後も、豊富な知恵と確かな技術をベースに、品質やお客様満足度のさらなる向上に努めるとともに、環境問題や社会貢献活動にも一層積極的に取り組んでまいります。そして、いつの時代にも世界中のみなさまから信頼され愛されるキヤノン製品を提供するため、努力を重ねてまいります。

代表取締役社長
代表取締役社長 相馬 克良
会社情報メニュー