プリントヘッド生産

HOME > 事業内容 > インクジェット技術> プリントヘッド生産

究極の写真プリントを可能にするプリントヘッド 先進の生産技術とクリーンな環境の中で生み出されます

プリントヘッド生産

インクジェットプリンターの高速、高画質プリントを支えるのが、高密度のプリントヘッドです。
福島キヤノンでは、半導体製造技術と独自の材料技術、そして斬新なプロセス技術を駆使して、従来の部品を貼り合わせるという工程をまったく使うことなく、インク吐出部に必要なヒーター、駆動回路、ノズルをシリコンウェハ上に均一かつ高精度に一体形成します。
さらに、クリーンな環境の実装ラインをはじめ、すべて自動化された組立ラインにより、プリントヘッドを生産。厳しい検査工程を経て世界中に出荷しています。

プリントヘッドの製造(クリーンルーム)

プリントヘッドの製造(クリーンルーム)

半導体製造技術を駆使したフォトリソグラフィプロセスによって、サブマイクロメートル単位という非常に微細なノズルをもつプリントヘッドの生産を可能にしました。

プリントヘッド自動組立ライン

半導体チップと同じプロセスで作られるインク吐出部は、塵やほこりの混入は許されないため、
局所クリーンルーム内でプリントヘッドに超精密実装されます。

プリントヘッド プリントヘッド自動組立ライン
プリントヘッド  

FINEカートリッジ生産の自動化

FINEカートリッジ生産の自動化

プリントヘッドとインクタンク一体型のFINEカートリッジも自動化ラインで生産しています。

カテゴリーメニュー