福島キヤノン株式会社 採用情報

採用情報
Recruiting information

一島 雄介

一島 雄介
社員の意見を尊重して
チャレンジさせてくれる
社風があります。
システム評価部 システム評価第四課
一島 雄介 (2005年入社)
Career Profile
■2003年 理工学部数学科を卒業
■2003年 東京のソフトウェア開発会社にプログラマとして入社。
■2005年 Uターンで福島に戻り、福島キヤノンに入社。前職のスキルを生かし、
オンラインサービスの評価を担当。

現在の仕事の魅力

キヤノン製カメラの製品サポートやオンラインアルバムシステムなどを提供する「CANON iMAGE GATEWAY」というWebサービスの品質評価を担当しています。我々が担っているのは、サービスをお客様にリリースする直前の最終評価。自分の仕事の結果が、お客様の満足感やクレームに直結しているので、プレッシャーとやりがいを同時に感じています。 私の役割は、トラブルの無い製品を市場に送り出すだけではなく、お客様により満足して頂ける製品を送り出すことだと考えています。

現在の課題

もっとお客様の視点に立って、使いやすいシステムを提案できればと考えています。また、自分の意見を上司や本社であるキヤノン(株)に説明する際、きちんとした裏付けを示しながらプレゼンできるようになることも現在の課題のひとつです。

仕事に取り組む上での心構え

お客様によりよいサービスを提供するため、ユーザビリティやお客様の満足感を向上させることを意識した品質保証を実現することを常に考えています。また、納期などの“時間”に対して、より高い意識を持ちながら、品質を保証するために実施すべき目標を遅延なく実行するための最善策を見出していく努力も大事だと考えています。

今後の目標について

企画・開発部門に対して、より良い製品の提案ができるようになることです。現場や市場の意見をしっかりフィードバックできるようになりたいですね。

転職して変化したこと

仕事以外の時間が充実したことです。以前はソフトウェア会社でプログラマをしていたのですが、なかなか労働時間が安定しませんでした。その点、福島キヤノンは勤務制度がしっかりしているのでプライベートタイムも充実しています。水曜と金曜のノー残業デーを中心に週2回、社内のフィットネスルームに通うようになりました。また、趣味のジョギングにも思い切り取り組んでいます。

これから福島キヤノンを目指す方へのメッセージ

インタビュー風景01

就業時間は全力で仕事を頑張り、終業後はプライベートを楽しめる会社だと思います。アットホームな雰囲気で、風通しもいいですよ。自分の意見を尊重してくれますし、やりたいことにはどんどんチャレンジさせてくれます。腰を落ち着けて、じっくり自分のスキルを上げていくことができるのが、福島キヤノンの魅力だと思います。